全アーティスト索引...

NEWS

2016.12.27

ネイザン・イースト(Nathan East) ネイザン・イースト 待望の最新アルバム『レヴェランス(Reverence)』を携えて来日決定!

ネイザン・イースト 待望の最新アルバム『レヴェランス(Reverence)』を携えて来日決定!

ネイザン・イースト 待望の最新アルバム『レヴェランス(Reverence)』を携えて来日決定!

Nathan Eastアーティスト写真

世界最高峰ベーシストのネイザン・イースト。待望の最新アルバム『レヴェランス(Reverence)』を携えて来日する事が決定しました。

若干16歳で、ソウルシンガー、バリー・ホワイトにその才能を見いだされ、その後、伝説のプロデューサー、クインシー・ジョーンズの誘いで、ホイットニー・ヒューストン、マドンナ、マイケル・ジャクソンらの作品に次々と参加。2014年、キャリア40年目にして初のソロ・アルバム『ネイザン・イースト』をリリース。その輝かしいキャリアに相応しく、エリック・クラプトン、スティーヴィー・ワンダー、マイケル・マクドナルド、レイ・パーカーJr.、デヴィッド・ペイチ(TOTO)、小田和正ら多くの豪華ゲストが参加し、第57回グラミー賞「ベスト・コンテンポラリー・インストルメンタル」にノミネートされました。

そんなネイザン・イーストの最新アルバム『レヴェランス(Reverence)』には、エリック・クラプトン(Eric Clapton)、フィル・コリンズ(Phil Collins)、アース・ウインド&ファイアー(Earth, Wind & Fire)のヴァーディン・ホワイト(Verdine White)ら、オールスターラインナップが名を連ねています。

同作は、オリジナル曲のコレクションに加えて、R&B、ポップ、ロック、ジャズソングにまたがるカヴァーを収録しています。収録曲には、ゴスペル界の大御所ヨランダ・アダムスの美しい歌声が心に染み渡るランディ・ニューマンのカヴァー「Feels Like Home」や、エリック・クラプトンとフィル・コリンズが参加したアース・ウインド&ファイアーのカヴァーで邦題「太陽の戦士」としても知られる「Serpentine Fire」などがラインナップ。『レヴェランス(Reverence)』の日本国内盤を2017年1月11日に世界先行発売し、満を持してのオンステージとなります。

世界のトップ・アーティストたちが認めるネイザン・イーストの才能、類まれなベースの妙技を体感してください!

  • 出演:(※メンバーは急遽変更になる場合があります。)
  • ネイザン・イースト/Nathan East(Vocals, Bass)
  • ケイレブ・ジェイムス/Kaleb James(Keyboards)
  • マイケル・トンプソン/Micheal Thompson(Guitar)
  • ジェームズ・イースト/James East(Bass)
  • ジャック・リー/Jack Lee(Guitar)
  • スティーヴ・フェローン/Steve Ferrone(Drums)
  • ノリヒト・スミトモ/Norihito Sumitomo(Electrinic Wind Instrument(EWI), Saxphone, Keyboards)

公演情報

  • ■2017年2月23日(木)~2月24日(金)ビルボードライブ東京
  • 1stステージ 開場:17:30 開演:19:00
  • 2ndステージ 開場:20:45 開演:21:30
  • 料金:サービスエリア 9,500円 / カジュアルエリア 8,000円
  • 予約開始日:BBL会員:2017年1月11日(水)
  • 一般:2017年1月18日(水)

アルバム特設ページ

http://www.yamahamusic.co.jp/nathaneast/reverence

インフォメーション

リリース情報

『レヴェランス(Reverence)』ジャケット画像
Amazonで見る
TOWER RECORDS ON LINEで見る   HMV オンラインで見る
TSUTAYA ON LINEで見る
楽天ブックスで見る
リリース日:2017年01月11日
タイトル:『レヴェランス(Reverence)』
品 番:YCCW-10295
価 格:2,500円(本体)+税
収録曲数:14曲
収録曲: ラヴズ・ホリデイ(フィーチャリング・フィリップ・ベイリー)|ライフサイクル|イレヴンエイト|サーペンティン・ファイアー(フィーチャリング・フィリップ・ベイリー, ヴァーディン・ホワイト・アンド・ラルフ・ジョンソン・オブ・アース, ウィンド&ファイアー)|フィールズ・ライク・ホーム(フィーチャリング・ヨランダ・アダムス)|ハイアー・グラウンド(フィーチャリング・カーク・ウェイラム)|ザ・ムード・アイム・イン(フィーチャリング・ニッキ・ヤノフスキー)|オーヴァー・ザ・レインボウ(フィーチャリング・ノア・イースト)|シャドウ (フィーチャリング・チック・コリア)|パサン|ホワイ・ノット・ディス・サンデイ(フィーチャリング・ルーベン・スタッダード)|アンティル・ウィ・ミート・アゲイン|エイプリル *日本盤 ボーナス・トラック|カンタロープ・アイランド *日本盤 ボーナス・トラック

イベント
ニュース一覧へ

Page Top