全アーティスト索引...

ARTIST

渡 梓

ARTIST OFFICIAL SITE

渡 梓

WATARI AZUSA

長野県出身。
両親の影響で、幼少期から洋楽を聴き、6歳でピアノを始め、10歳でドラムを触る。
15歳でボーカルに転身。自ら作詞・作曲を手掛け、現在は都内を中心に活動。
ウェット&ノスタルジック・ボイスで紡ぐ、どこか懐かしく情緒豊かな歌詞とメロディーが世代を越え共感を呼ぶ。
映画『カノン』の主題歌にも抜擢された「セピア」を含む1stアルバム『WATARI AZUSA』でメジャー・デビュー。
感性豊かなボーカルが、年齢を問わず幅広い層から支持されている。
オリジナリティー溢れる独自の音楽は常に進化をつづけている。

2011年ミニアルバム『PRECIOUS』発売。(2012年公開 映画『婚活サポーターガールズ』挿入歌)
2014年舞台「異人たちのラプソディ」エンディングソング [曲: Eternally]
2014年千葉テレビ『武藤塾』エンディングソング [曲:ほたる星] 2014年9月~10月毎週土曜23:30放送
2014年映画『egoism』エンディングソング [曲:Eternally]
2015年11月公開 映画『スケバンロッケンロールダイヤリーズ パートIII』加藤文明監督 エンディングソング [曲:JUNK FOODLIFE]
2016年10月公開 映画『カノン』の主題歌 [曲:セピア]
2016年11月公開 短編映画『それでも、みんな生きていく』 劇中歌 [曲:帰り道]
2016年10月「エモーション・ライズ」フラッシュモブ・イメージソング「曲:wedding day」
2017年4月 hulu配信動画『ラストコップ another story』劇中歌「曲:wedding day」

ツイートする

NEW RELEASE

映画『輪違屋糸里 ~京女たちの幕末~』主題歌「万華鏡」配信限定でリリース!

これまでに数多くの映画主題歌をこなし、プロデューサーや監督から厚い信頼を得て来た渡梓が挑んだ、初の日本時代劇映画主題歌。

『輪違屋糸里 ~京女たちの幕末~』と主題歌「万華鏡」──

『輪違屋糸里 ~京女たちの幕末~』は、浅田次郎原作の同名小説を映画化した作品で、幕末の京都島原を舞台に歴史に翻弄されながら花街で生きる女性たちが描かれた時代劇。

そして、きらびやかな色彩と形を見せながら実は何の実体も持っていない万華鏡は、まるでそんな幕末を懸命に生きて駆け抜ける京女たちの姿を映しているかのようである。

今回の主題歌「万華鏡」は、京都の歴史ある有名置屋「輪違屋」に身を置く糸里が美しい太夫姿を披露するシーンに合わせて流れ、その美しい遊女に秘められた思いと悲しみを瞬時に伝えるかのように、渡梓の歌声がスクリーンに響き渡る。

・・・

R&Bサウンドを基調とする情感豊かな歌で定評をもつ渡梓。「あなたを失くしてでも欲しかったものってなんでしょう」と、今回の「万華鏡」ではそう問いかけて歌っているが、その表現力は時代劇をしても変わらない。

映画公開情報

  • 映画『輪違屋糸里 ~京女たちの幕末~』
  • 出演:藤野涼子 溝端淳平 松井玲奈 佐藤隆太 田畑智子 塚本高史 他
  • 監督:加島幹也
  • 公開日:2018年12月15日
  • ©2018 銀幕維新の会 /「輪違屋糸里」製作委員会
  • オフィシャルサイト:http://wachigaiya.com/

販売サイト情報

  • ●通常配信: ¥250(税込み)ほか / YCCI-10428
  • iTunes Store / レコチョク / mora / Google Play Music / mysound
  • ●ハイレゾ配信: ¥500(税込み)/ YCCI-10429
  • レコチョク / mora / e-onkyo / mysound
  • ●サブスクリプション:
  • Apple Music / Google Play Music / AWA / KKBOX / Spotify

 

インフォメーション


DISCOGRAPHY

PICK UP

Page Top