全アーティスト索引...

ARTIST

遊佐未森

ARTIST OFFICIAL SITE

遊佐未森

宮城県仙台市出身。1988年アルバム「瞳水晶」でデビュー。一貫して質の高いアルバム制作をつづけ、天性のヴォイスときわめて独創的な音楽観が紡ぎだす歌の数々は、誰にも似ていない「遊佐未森の音楽」として日本のミュージックシーンにおける確固たる地位を確立している。『癒しブーム』の先駆け的存在として、物語性のある音楽を立て続けに発表したデビュー当初からの初期、国内外の実力派ミュージシャンとのセッションなどから、自身の音楽性をさらに高めていくこととなった第二期、そして「遊佐未森の音楽」が完成の領域に達しようという現在を通じて、つねに「遊佐未森」でありつづけたことは、オリジナリティにこだわった彼女の音楽に対する真摯な姿勢の証明であり、現在も多くのファンやメディアから高い評価を得ている。代表作「地図をください」「クロ」のほかにも、小学校の校歌やCM、NHK「みんなのうた」での楽曲提供など多数。2012年はNHKの合唱コンクール小学生の部課題曲の作詞も担当。

遊佐未森公式Twitter遊佐未森 公式Twitter

ツイートする

NEW RELEASE

せせらぎ

水玉<配信シングル>

SINGLE

遊佐未森

  • 2018.04.04 発売
  • ¥238 + 税
  • YCCI-10416

遊佐未森、デビュー30周年記念ベストアルバム『P E A C H T R E E』から、新曲「国立市立国立第八小学校校歌」と「水玉」が配信でリリース。

デビュー30周年記念ベストアルバム『P E A C H T R E E』には、これまでの彼女の活動の中でターニングポイントとなった楽曲に加え、新曲や未発表音源が収録されている。その中からこのアルバムのために新録された「国立市立国立第八小学校校歌」と「水玉」を4月4日より配信にて発売。

「国立市立国立第八小学校校歌」は2003年に作詞・作曲されたもので、現在もこの学校の校歌として愛され、歌唱されている。「校歌の制作依頼を受けて、実際に学校にもお伺いしました。生徒さんたちとお話しをしたり、給食を食べたり、そんな機会をいただきました。明るく挨拶をしてくれる子どもたち。黄色いレモン色の校舎がひと際目を惹く、素敵な学校でした。」と、遊佐未森は制作当時を振り返る。「小学校の校歌を作るのは、とても責任のある仕事、と最初は緊張しましたが、実際に学校にお伺いしたらイメージが一気に膨らんで、思ったよりも早く形になりました。国立はまっすぐな並木道の大学通りがきれいで、学生さんが多く、さわやかな印象の街です。地域の人たちも子どもたちを育てようという意識がとても高く、文化的でやさしい街。わたしも学生時代を過ごした懐かしい街。子どもたちは卒業したあとも国立に想いを寄せ、まっすぐな道を歩いて行けますように、という想いを込めて歌詞を書きました。」と語っている。

「水玉」は、2004年にNHK『天才てれびくんMAX」に提供したもので、番組でも人気の高かった曲。本作に収録されているバージョンは、遊佐未森が自身のセルフカヴァーとして初収録し歌ったもの。

主な配信サイト(ダウンロード)

  • iTunesで購入
  • レコチョクで購入
  • Google Playで購入
  • moraで購入
  • Amazonで購入
  • music.jpで購入
  • ドワンゴジェイピーで購入
  • オリコンミュージックストアで購入
  • mysoundで購入

DISCOGRAPHY

Page Top