PAGE TOP

初回生産限定盤

(CD+DVD)
¥6,545+税 YCCW-10369/B

通常盤

(CD)
¥2,727+税 YCCW-10370

≪CD収録内容≫

初回限定盤・通常盤

  • 1. home
  • 2. あわい
  • 3. それがいいかな
  • 4. 傘
  • 5. Best Friend
  • 6. どれくらい?
  • 7. いつかの影法師
  • 8. 亡き歌
  • 9. 風船葛
  • 10. 生きかけとして
  • 11. 雪

≪DVD収録内容≫

初回限定盤

熊木杏里 LIVE
“ホントのライブベスト版 15th篇”
~An's Choice~

  • 1. 花信風
  • 2. 時計
  • 3. ちょうちょ
  • 4. 風のひこうき
  • 5. 私が見えますか?
  • 6. 七月の友だち
  • 7. wonder land
  • 8. イマジンが聞こえた
  • 9. 朝日の誓い
  • 10. ゴールネット
  • 11. 誕生日
  • 12. 君の名前
  • 13. 心ごと - U時間 -
  • 14. 窓絵
  • 15. 新しい私になって
  • 16. シグナル

ベースと鍵盤の愛だ 北京・上海
~An's Choice~

  • ドキュメンタリー
  • 17. 一千一秒
  • 18. 風の記憶
  • 19. Hello Goodbye & Hello
  • 20. 羽

[ 約102分収録 / NTSC / リージョンALL ]

10枚目のオリジナル・アルバム『群青の日々』から約2年半、熊木杏里が歩み出す新たな道。王道のジャパニーズ・フォークの匂いを残しつつも、同世代へ届けたいメッセージが込められたあらたな世界。タイアップ配信シングルでKiroroの名曲「Best Friend」のカバーや、XFLAGオリジナルアニメ「約束の七夜祭り」主題歌の「あわい」新アレンジ・バージョンなど、全11曲を収録。限り無くシンプルに、そして贅沢に構成されたアンサンブルの中で、物語へ誘うようにその歌声はひっそりと輝きをみせる。

また初回盤特典DVDには、2018年3月24日に東京国際フォーラム ホールCで行われた公演『熊木杏里 LIVE “ホントのライブベスト版 15th篇”』と、2019年4月14日に中国・上海美琪大戯院で行われた『ベースと鍵盤の愛だ 北京・上海』よりセレクトされた全20曲を収録。加えて北京・上海でのオフショットドキュメンタリーも収録された、約102分の内容。

風船葛

Music Video

アルバムライナーノーツ

『人と時』座談会

熊木杏里 LIVE
“ホントのライブベスト版 15th篇”
~An's Choice~

2019.10.30 Release

(CD)
¥2,545+税 YCCW-10371

≪収録内容≫

  • 1. 花信風
  • 2. 時計
  • 3. ちょうちょ
  • 4. 風のひこうき
  • 5. 私が見えますか?
  • 6. 七月の友だち
  • 7. wonder land
  • 8. イマジンが聞こえた
  • 9. 朝日の誓い
  • 10. ゴールネット
  • 11. 誕生日
  • 12. 君の名前
  • 13. 心ごと - U時間 -
  • 14. 窓絵

オリジナルアルバム「人と時」初回限定盤DVDから厳選セレクトで音源をCD化!

2008年以来10年ぶりとなる、2018年3月24日に行われた東京国際フォーラム ホールCでの公演『熊木杏里 LIVE “ホントのライブベスト版 15th篇”』より、厳選された14曲を収録。

15周年の節目に行われた、貴重な公演からのライブ盤CD。

プロフィール

2002年2月21日シングル「窓絵」でバップよりメジャーデビュー。翌年1stアルバム「殺風景」をリリース。その後、中島信也が監督を務めた資生堂の企業CMで「新しい私になって」が使用され話題となる。YTV「かんさい情報ネット Ten!」のコーナー「めばえ」のテーマ曲「誕生日」は、長年にわたり使用され今も話題となっている。その他、新海誠監督のアニメーション映画『星を追う子ども』の主題歌に「Hello Goodbye & Hello」が使用されるなど、数々のタイアップ実績をもつ。また、TVアニメ『Charlotte』、『Rewite』で挿入歌/主題歌の歌唱を務め、RPG『リディ & スールのアトリエ ~不思議な絵画の錬金術士~』では、エンディングテーマの歌唱を務めている。2016年から始まった中国公演は、翌年2017年に8箇所へと拡大し大成功を収めた。同年12月、小田和正が贈る恒例ライブ番組『クリスマスの約束』にゲスト出演し、話題を呼ぶ。2018年3月24日、東京国際フォーラムホールCにて5度目のソロ・コンサートを行う。