ヤマハ吹奏楽団 | ヤマハミュージックコミュニケーションズ公式サイト

PAGE TOP

ヤマハ吹奏楽団

1961年に創部したヤマハ吹奏楽団は、ヤマハ株式会社およびヤマハグループの従業員によって構成され、楽団員はヤマハの管楽器や打楽器づくり、電子楽器の設計などに携わっている。なかには自身で製作した楽器を演奏する団員もおり、まさに楽器を知り尽くした『匠の集団』ともいえる。

活動は浜松市を拠点とした演奏活動の他に、毎年新曲を委嘱しこれまでに60曲以上の新たな吹奏楽レパートリーを提供し続けるほか、海外公演「シカゴ・ミットウエストバンドクリニック」「台湾公演」「韓国公演」「日本-カナダ修好80周年・カナダ公演」などで広く活躍している。2017年には東京と大阪において単独公演開催やCD『ヤマハのオト ~奏でる匠のオト~ Ⅱ』をリリースするほか、2018年には「全日本吹奏楽コンクール」において全部門最多となる34回目の金賞を受賞している。

なお永年にわたるこれらの活動に対し、1995年に第34回静岡文化奨励賞、2010年に第20回日本管打・吹奏楽アカデミー賞を受賞し、日本の吹奏楽界のなかでも半世紀を越える歴史をもつ吹奏楽団として精力的に活動している。

ヤマハ吹奏楽団 ホームページ

NEWS

ニュースはありません。

NEW RELEASE

ヤマハのオト ~奏でる匠のオト~ Ⅲ
ヤマハ吹奏楽団

2019.09.25 発売 / ¥2,700+税 / YCCS-10079

2020年に創立60年を迎える楽器を知り尽くした『匠のバンド』「ヤマハ吹奏楽団」の『ヤマハのオト 〜奏でる匠のオト〜』シリーズ3作目

「全日本吹奏楽コンクール」34回の金賞受賞記録を保持、2020年に創立60年を迎える楽器を知り尽くした『匠のバンド』ヤマハ吹奏楽団の『ヤマハのオト ~奏でる匠のオト~』シリーズ3作目となるフル・アルバム。今作もまた、吹奏楽の新たな一面を見せるヤマハ吹奏楽団ならではの委嘱作品の数々が収録される。ポップス曲としてディズニーの名作メドレー、クラシック曲としては長生淳の超大作『交響曲第3番「四季連禱」』、指揮として活躍する須川展也のコンチェルトが唸る、吹き振りの1曲。そして米ダウンビート誌の「未来を担う25人のジャズアーティスト」にも選ばれた挾間美帆のJazzテイストの交響詩など、聴き応え十分な6曲(約76分)を収録。

収録楽曲

  • 交響曲第3番「四季連禱」
  • Symphony No.3 "For ideal circle of seasons"
  • 作曲:長生淳
  • 1. Ⅰ. アンダンテ〜アニマート〜トランクイロ Andante, Animato, Tranquillo
  • 2. Ⅱ. ラルゲット Larghetto
  • 3. Ⅲ. ジョコーソ Giocoso
  • 4. Ⅳ. ヴィーヴォ Vivo
  •  
  • 5. Planned Work
  • 作曲:挾間美帆
  •  
  • ファインディング・お江戸日本橋*
  • Finding Oedo Nihonbashi
  • 作曲:天野正道
  • 6. Ⅰ. お江戸日本橋 Oedo Nihonnbashi
  • 7. Ⅱ. メモワール ドゥ T.M. Mémoire de T.M.
  • 8. Ⅲ. フィナーレ Finale
  •  
  • 9.「美女と野獣」シンフォニック・メドレー
  • "Beauty and the Beast" Symphonic Medley
  • 作曲:A.メンケン / 編曲:三浦秀秋
  •  
  • 10.「アラジン」シンフォニック・メドレー
  • "Aladdin" Symphonic Medley
  • 作曲:A.メンケン / 編曲:三浦秀秋
  •  
  • 11. デリー地方のアイルランド民謡(ロンドンデリーの歌)
  • Irish Tune from County Derry "Londonderry Air"
  • 作曲:P.グレインジャー
  •  
  • *サクソフォン独奏:須川展也
  • 録音:2019年4月13日、14日 アクトシティ浜松 中ホール
  •  
  • [75:39 収録]

ヤマハ吹奏楽団 プロフィール

1961年に創部したヤマハ吹奏楽団は、ヤマハ株式会社およびヤマハグループの従業員によって構成され、楽団員はヤマハの管楽器や打楽器づくり、電子楽器の設計などに携わっている。なかには自身で製作した楽器を演奏する団員もおり、まさに楽器を知り尽くした『匠の集団』ともいえる。

活動は浜松市を拠点とした演奏活動の他に、毎年新曲を委嘱しこれまでに60曲以上の新たな吹奏楽レパートリーを提供し続けるほか、海外公演「シカゴ・ミットウエストバンドクリニック」「台湾公演」「韓国公演」「日本-カナダ修好80周年・カナダ公演」などで広く活躍している。2017年には東京と大阪において単独公演開催やCD『ヤマハのオト ~奏でる匠のオト~ Ⅱ』をリリースするほか、2018年には「全日本吹奏楽コンクール」において全部門最多となる34回目の金賞を受賞している。

なお永年にわたるこれらの活動に対し、1995年に第34回静岡文化奨励賞、2010年に第20回日本管打・吹奏楽アカデミー賞を受賞し、日本の吹奏楽界のなかでも半世紀を越える歴史をもつ吹奏楽団として精力的に活動している。

ヤマハ吹奏楽団 ホームページ