中島みゆき | ヤマハミュージックコミュニケーションズ公式サイト

PAGE TOP

中島みゆき

1975年「アザミ嬢のララバイ」でデビュー。同年、日本武道館で開催された第6回世界歌謡祭にて、「時代」でグランプリを受賞。1976年アルバム『私の声が聞こえますか』をリリース。 現在までにオリジナル・アルバム43作品をリリース。アルバム、ビデオ、コンサート、夜会、ラジオパーソナリティ、TV・映画のテーマソング、楽曲提供、小説・詩集・エッセイなどの執筆と幅広く活動。日本において、70年代、80年代、90年代、2000年代と4つの世代(decade)でシングルチャート1位に輝いた女性アーティストは中島みゆき、ただ一人である。2002年「地上の星」、2014年「麦の唄」でNHK紅白歌合戦に出場。

NEW RELEASE

ここにいるよ【初回盤】
中島みゆき

2020.12.02 発売 / ¥4,500+税 / YCCW-10378〜9/B

こんな時こそ、中島みゆきの歌を。
心に寄り添いエールを届ける名曲、代表曲を集めた究極の2枚組セレクトアルバム『ここにいるよ』12月2日発売決定!

中島みゆきからの「エール」!
「糸」「時代」「ファイト」等の中島みゆきの名曲を多数収録した究極の2枚組セレクトアルバム!

映画「糸」が160万人を動員し大ヒット・ロングランを続ける中、この「糸」を含む中島みゆきの2枚組セレクトアルバム『ここにいるよ』が12月2日に発売。
最後の全国ツアーとして2020年1月から満を持してスタートした“中島みゆきラストツアー「結果オーライ」”は、2月末に開催された大阪公演の途中、コロナウイルスの拡大による緊急事態宣言を受け、残りのツアー全公演の中止を余儀なくされた。今も続くこのコロナ禍の中では、“いのちを守るSTAY HOME週間”のころから「糸」や「時代」「ファイト」など中島みゆきの歌に背中を押された多くの人々がSNSでメッセージを多数発信、その歌を求める声が日本中で沸き起こり、それらの歌が収録された作品がロングセラーとなる現象も起きていた。また、2011年の東日本大震災、そして2016年の熊本地震の際にも被災地にいる多くの方々から、ラジオや有線に中島みゆきの歌のリクエストが数多く寄せられていた事実もあった。
そして2020年の冬、「こんな時こそ、中島みゆきの歌を」と題した、「糸」「時代」「ファイト」「空と君のあいだに」「地上の星」等、多くの人々の心に寄り添い、エールを送り続けた中島みゆきの名曲、代表曲を集めた全26曲の究極の2枚組セレクトアルバムが誕生することとなった!

「生きる勇気を鼓舞するエール」と、「心に寄り添うエール」を歌う全26曲
マスタリグはLAの巨匠スティーブン・マーカッセン

この作品のテーマとなる「エール」には大きく2つの形がある。
1つは、背中を押し、「生きる勇気を鼓舞するエール」。
もう1つは、一緒に悲しみ、一緒に悩み、一緒に前を向く「心に寄り添うエール」。
この2つのエールをそのまま「エール盤」「寄り添い盤」と題した2枚のCDに分けて収録。
それぞれに収録された内容は、「アザミ嬢のララバイ」(1975年発表)から「慕情」(2017年発表)まで、幅広い年代からの選りすぐられた楽曲となった。
「エール盤」には、「糸」「時代」「ファイト」「地上の星」「空と君のあいだに」「旅人のうた」等のミリオン3曲を含む大ヒット曲が目白押しのカロリー豊富な選曲。
「寄り添い盤」には、「アザミ嬢のララバイ」「悪女」「あした」「誕生」という、心に寄り添う珠玉の選曲。
そして、このアルバムだからこそ収録された「タクシードライバー」「帰省」「ホームにて」「ひまわり“SUNWARD”」など、代表曲に比肩する名曲も収録、聴き所となっている。
その音源も中島みゆきの音楽プロデューサー瀬尾一三の指揮のもとLAの名匠、スティーブン・マーカッセンによる丁寧なマスタリングが施され、新旧を感じさせることのない楽曲として生き生きと蘇っています。

また、アルバムタイトルの『ここにいるよ』はミリオンセラーを達成した1994年の代表曲「空と君のあいだに」の歌詞の一節から引用。
中島みゆきの真骨頂を凝縮した究極の2枚組セレクトアルバムであり、リスナーの心に寄り添うこと間違いなしのアイテムとなっている。

豪華90ページを超えるブックレットを封入!初回盤DVDには伝説のライブ「中島みゆき TOUR 2010」より「Nobody Is Right」の貴重すぎる映像が初収録!

初回盤・通常盤に共通して封入されるブックレットも選曲に負けず劣らず豪華な仕様となっている。
エール盤は48ページ、寄り添い盤は44ページと、なんとトータル90ページを超えるブックレットを封入。
デビュー当時から現在まで中島みゆきの写真を撮り続けているカメラマン・田村仁による未公開写真も多数掲載しており、「歌姫」と称された中島みゆきの歌う姿を時代ごとに楽しむことができる必見のブックレットとなっている。

また、初回盤に封入される特典DVDには、多くのファンが映像化を渇望している伝説のライブ“中島みゆき TOUR 2010”から「Nobody Is Right」の映像が初収録!単にエール送るだけの歌い手ではないことを痛感させられる力強い歌声は、今の時代に生きる私達に問いかけるように心に響く必見の映像。
さらに、この貴重な映像に加え多数のライブ写真と歌詞を掲載した8ページにおよぶ初回盤限定の特別ブックレットも封入されるとのことで、非常に価値の高い特典内容となっている。

今の時代だからこそ生まれたこの作品。
こんな時こそ、中島みゆきの歌・エールに改めて心の耳を傾けてほしい。


<商品情報>

  • 中島みゆき『ここにいるよ』
  • 発売日:2020年12月02日

画像

【初回盤】

  • 品番:YCCW-10378~9/B
  • 形態:2CD+DVD
  • 価格:¥4,500(本体価格)+ 税
  • Amazon

  •  

 

画像

【通常盤】

  • 品番:YCCW-10380~1
  • 形態:2CD
  • 価格:¥4,000(本体価格)+ 税
  • Amazon

  •  

【収録曲】*初回盤・通常盤共通

  • DISC-1 エール盤
  • 01. 空と君のあいだに (5:31)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:瀬尾一三
  • 02. 旅人のうた (5:47)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:瀬尾一三
  • 03. 宙 船 (そらふね)(4:19)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:瀬尾一三
  • 04. 糸 (5:09)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:瀬尾一三
  • 05. ファイト (7:05)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:井上堯之
  • 06. ひまわり“SUNWARD” (5:23)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:瀬尾一三
  • 07. 瞬きもせず (5:44)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:瀬尾一三
  • 08. 泣いてもいいんだよ (5:53)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:瀬尾一三
  • 09. 負けんもんね (5:43)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:瀬尾一三
  • 10. 時 代 (4:33)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:瀬尾一三
  • 11. ホームにて (4:49)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:福井 崚
  • 12. 空がある限り (7:39)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:瀬尾一三
  • 13. 地上の星 (4:43)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:瀬尾一三
  •  
  • DISC-2  寄り添い盤
  • 01. アザミ嬢のララバイ (3:40)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:船山基紀
  • 02. 泣きたい夜に (4:55)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:後藤次利
  • 03. 愛だけを残せ(remix) (5:53)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:瀬尾一三
  • 04. 悪 女 (4:04)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:船山基紀
  • 05. あした (5:29)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:瀬尾一三
  • 06. タクシードライバー (6:11)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:福井 崚
  • 07. with  (5:39)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:瀬尾一三
  • 08. 最後の女神 (4:53)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:瀬尾一三
  • 09. 慕 情 (6:52)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:瀬尾一三
  • 10. 帰 省 (5:17)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:瀬尾一三
  • 11. たかが愛 (5:44)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:瀬尾一三
  • 12. 風の笛 (5:27)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:瀬尾一三
  • 13. 誕 生 (6:51)作詞・作曲:中島みゆき 編曲:瀬尾一三
  •  

【初回盤特典DVD】

  • 01. Nobody Is Right 〜中島みゆき TOUR 2010 より
  •  


特典情報

  • ・メガジャケット(対象店舗:Amazon)
  • ・マルチケース(対象店舗:セブンネット・ショッピング)
  • ・ICカードステッカー(対象店舗:楽天ブックス)

※詳細はこちら


中島みゆきプロフィール

1975年「アザミ嬢のララバイ」でデビュー。同年、日本武道館で開催された第6回世界歌謡祭にて、「時代」でグランプリを受賞。1976年アルバム『私の声が聞こえますか』をリリース。 現在までにオリジナル・アルバム43作品をリリース。アルバム、ビデオ、コンサート、夜会、ラジオパーソナリティ、TV・映画のテーマソング、楽曲提供、小説・詩集・エッセイなどの執筆と幅広く活動。日本において、70年代、80年代、90年代、2000年代と4つの世代(decade)でシングルチャート1位に輝いた女性アーティストは中島みゆき、ただ一人である。2002年「地上の星」、2014年「麦の唄」でNHK紅白歌合戦に出場。

VIDEO

中島みゆきアルバム『CONTRALTO』全曲トレーラー

中島みゆき『CONTRALTO』先行トレーラー(「やすらぎの刻~道」主題歌4曲)

中島みゆき『夜会VOL.20「リトル・トーキョー」』トレーラー動画<ショートバージョン>

中島みゆき『やすらぎの刻~道』W主題歌「離郷の歌/進化樹」トレーラー動画

中島みゆき『大銀幕』トレーラー動画

中島みゆき『夜会工場 VOL.2』トレーラー動画<ロング Ver.>