「アーヤと魔女」オリジナル・サウンドトラック | Various Artists | ヤマハミュージックコミュニケーションズ公式サイト

PAGE TOP

MUSIC

「アーヤと魔女」オリジナル・サウンドトラック
Various Artists

2021.01.06 発売 / ¥2,500+税 / YCCW-10383 / 形態:CD

スタジオジブリ初となる全編3DCG制作の長編アニメーション
2020年12月にNHK総合でオンエア!

12月にNHK総合でオンエア予定、「アーヤと魔女」のオリジナルサウンドトラック。サントラに加え、インドネシアのアーティスト、シェリナ・ムナフが歌う挿入歌「Don't disturb me」、エンディングテーマ「あたしの世界征服」も収録。音楽は武部聡志。

原作は「ハウルの動く城」の作者として有名なイギリスの作家、ダイアナ・ウィン・ジョーンズ。宮崎 駿も企画として参加しており、監督は「ゲド戦記」(2006)、「コクリコ坂から」(2011)の宮崎吾朗。


商品情報

「アーヤと魔女」オリジナルサウンドトラック

  • 発売日:2021年1月6日
  • 定価:¥2,500(本体価格)+ 税
  • 品番:YCCW-10383
  • <<収録内容>>
  • Don't disturb me
  • あたしの世界征服

■特典情報

「メガジャケット」

対象店舗 Amazon


アーティストプロフィール

 

画像

Sherina Munaf(シェリナ・ムナフ)

1990年インドネシア生まれ。シンガーソングライター兼女優。

幼少の頃から絵画や音楽に親しみ、9歳で歌手デビューして以降、これまでに6枚のスタジオアルバムをリリースしてきた。また、10歳のときに女優デビュー作であるミュージカル映画「Petualangan Sherina(シェリナの大冒険)」に主演し、インドネシアで大ヒットとなる。親日家としても知られ、2011年には香港で実施した東日本大震災チャリティコンサートにジャッキー・チェンらと共に出演し、2016年には日本に留学してアニメーションを学んだ。スタジオジブリが制作したハウス食品シリーズCM「おうちで食べよう。」(2016)にて、「庭の千草」を歌唱。現在も世界を股にかけ、多彩な活動を行っている。長編アニメーション作品「アーヤと魔女」(2020)では挿入歌、エンディング・テーマを歌唱するとともに、アーヤの母親である魔女の声も担当した。

 

画像

武部聡志

作・編曲家、音楽プロデューサー。国立音楽大学在学時より、キーボーディスト、アレンジャーとして数多くのアーティストを手掛ける。1983年より松任谷由実コンサートツアーの音楽監督を担当。一青窈、今井美樹、華原朋美、JUJU、ゆず、平井堅等、さまざまなアーティストのプロデュースをする傍ら、2006年にNHK総合「プロフェッショナル 仕事の流儀」で番組主題歌のために結成されたバンド・kōkuaのメンバーとしてプロデュース&キーボードを担当し、主題歌「Progress」が大ヒット。フジテレビ系ドラマ「BEACH BOYS」「西遊記」の音楽担当、フジテレビ系音楽番組「MUSIC FAIR」「FNS歌謡祭」の総合音楽監督、スタジオジブリ映画「コクリコ坂から」、NHK・BSプレミアムTVアニメーションシリーズ「山賊の娘ローニャ」のサウンドトラックを手掛ける等、多岐にわたり活躍している。

 

画像

宮崎吾朗

1967年東京生まれ。信州大学農学部森林工学科卒業後、建設コンサルタントとして公園緑地や都市緑化菜どの計画、設計に従事。その後1998年より三鷹の森ジブリ美術館の総合デザインを手がけ、2001年より2005年6月まで同美術館の館長を務める。また2005年開催の愛知万博では「サツキとメイの家」の制作を担当した。2006年公開のスタジオジブリ作品「ゲド戦記」でアニメーション映画を初監督。2011年「コクリコ坂から」で2作目の監督を務める。2014年秋から翌春にかけて、NHK・BSプレミアムでTVアニメーションシリーズ初監督作品「山賊の娘ローニャ」(制作・著作:NHK、ドワンゴ)を発表。中国アニメーション映画「西遊記 ヒーロー・イズ・バック(2018年日本公開)では日本語吹替制作監修を務めた。現在はスタジオジブリで新作長編CGアニメーション「アーヤと魔女」(NHK総合テレビ)を制作する一方、愛知県長久手市の愛・地球博記念公園に2022年開業予定のジブリパークの仕事にも取り組んでいる。