どれどれの唄 | 拝郷メイコ | ヤマハミュージックコミュニケーションズ公式サイト

PAGE TOP

MUSIC

どれどれの唄
拝郷メイコ

2005.07.06 発売 / ¥667+税 / YCCW-30002 / 形態:

このヘンな生きものは、まだ地球にいるのです。たぶん。いま、子供たちの間で「どれどれ」の替え歌が静かなブーム。たとえば、こんな具合だ。風邪を引いたよ、どれどれ。お腹が痛いよ、どれどれ。ついでにお腹が空いたよ、どれどれ・・・・・・。どれどれのキャラクターを描いたのは、あの宮崎駿監督。この春に、そのキャラクターを元にジブリがCMを作り、その歌を作詩作曲し自ら歌ったのが拝郷メイコ。ジブリの映画とコボちゃんを見て育った5月生まれのシンガー・ソングライターだ。それが子供たちの間で人気を呼んだ。で、この曲をこのまま埋もれさせてしまうのはもったいないと考えたジブリの某プロデューサーが、その曲のロング・バージョンをメイコちゃんに依頼した。何度も試行錯誤を重ねた結果、出来上がったのがこの曲。曲のキーワードは「好奇心」。心に描くみんなの「どれどれ」は、結構身近なところにあったりするものなのです。たぶん。