森川美穂 デビュー35周年記念35曲入りベストアルバム、本日発売!デビュー当時の秘蔵写真を使った発売記念パネル展、東京と大阪で開催! | 森川美穂 | ヤマハミュージックコミュニケーションズ公式サイト

PAGE TOP

NEWS

リリース

2020.07.15

森川美穂 デビュー35周年記念35曲入りベストアルバム、本日発売!デビュー当時の秘蔵写真を使った発売記念パネル展、東京と大阪で開催!

画像

デビュー35周年記念ベストアルバム発売記念パネル展、東京と大阪で開催!

1985年にアイドルとしてシングル「教室」でデビュー。その後もずば抜けた歌唱力で実力派ヴォーカリストとして音楽活動を続ける森川美穂のデビュー35周年記念と活動35年を総括したベストアルバム『森川美穂 VERY BEST SONGS 35』が本日発売!

このベストアルバムは、人気曲満載の35曲はもちろん、デビュー当初の初々しい秘蔵写真でデザインされたジャケット写真が話題を呼んでいる。本日から、そのデビュー当時の秘蔵写真からセレクトした発売記念パネル展が、東京のタワーレコード新宿店と大阪のディスクピア日本橋店で開催。パネル展と同様に秘蔵写真による購入特典のブロマイドセットも好評のようなのであわせてチェックしていただきたい。

画像

「ブロマイドセット」

歌の進化を体感できる『森川美穂 VERY BEST SONGS 35』アルバムトレーラーも公開中!

アルバムの魅力を紹介する試聴トレーラーの動画も公開中。デビュー当初からの圧倒的な力強い歌唱力はもちろん、いつまでも聴いていたい透き通る突き抜けた歌声が魅力の森川美穂。デビュー曲から最後の35曲目の2020年の新曲まで、進化が止まらないその歌声に耳を傾けてもらいたい。そこには35年積み重ねた、歌の説得力と存在感を感じてもらえるだろう。

【公式】森川美穂『森川美穂 VERY BEST SONG 35』トレーラー動画

35周年を凝縮した定番シングル23曲+アルバム人気曲をオリジナル音源で収録

このベストアルバムの収録曲は、1985年にレコード会社の先輩・菊池桃子の妹分としてデビューを飾ったファーストシングル「教室」、自殺をコンセプトにした秋元康の作詞で話題を呼んだ86年の「赤い涙」、音域ギリギリで勝負した87年のASKA作詞作曲のスマッシュヒット曲「おんなになあれ」、大きなヒットを記録した1990年のアニメ『ふしぎの海のナディア』の主題歌「ブルーウォーター」や91年のアニメ『らんま1/2熱闘編』エンディング曲「POSITIVE」、90年代の人気バラエティー番組『夢がMORI MORI』のテーマソング「恋していれば大丈夫」(広瀬香美が作曲)など代表的なシングルを23曲収録。

さらにアルバムに収録された楽曲の中から、ファンに長く愛され続けているバラード「輝きたい」「Bird Eyes」などが追加されている。

その時代時代に森川美穂に触れてきたすべての人に届けたい、そんな未来永劫の「定番アイテム」となっている。

松井五郎、松本俊明による新曲をボーナストラックとして収録!

森川美穂は、現在も大阪芸術大学演奏学科教授としてヴォーカル実技の指導にあたりながらシンガーの活動を続けている。今回のベストアルバムへのボーナストラックとして、作詞に松井五郎、作曲に松本俊明を迎えた新曲「涙のあとにあなたがいれば」を準備。35周年を迎えた「現在の森川美穂」も収録。歌を歌い続けてきた森川美穂の歌声とその歌が流れた時代の空気も含め楽しめる作品だ。

今回はマスターテープの原音に近い音での再生を可能にしているBlu-spec CD2の高品質CDでリリース。森川美穂の声を思う存分隅々まで味わってもらいたい。

商品情報

  • タイトル:『森川美穂 VERY BEST SONGS 35』
  • 発売日:2020年7月15日
  • 品番:YCCU-10052~53
  • 形態:CD ALBUM 2枚組(Blu-spec CD2)
  • 定価:3,200円(本体価格)+税
  • Amazon / 商品紹介ページ

[収録曲]

  • DISC 1
  • 01. 教室(1st SG/1985)
  • 02. ブルーな嵐(2nd SG/1985)
  • 03. 赤い涙(3rd SG/1986)
  • 04. サーフサイド・ブリーズ〜真夏の風(4th SG/1986)
  • 05. 姫様ズーム・イン(5th SG/1986)
  • 06. おんなになあれ(6th SG/1987)
  • 07. プライド(7th SG/1987)
  • 08. Be Free(8th SG/1988)
  • 09. わかりあいたい(9th SG/1988)
  • 10. Real Mind(10th SG/1988)
  • 11. チャンス(11th SG/1989)
  • 12. フルフェイスとSummer Days(AL『おんなになあれ』より/1987)
  • 13. LONG GOOD-BYE LONG(AL『おんなになあれ』より/1987)
  • 14. Bird Eyes(AL『Nude Voice』より/1987)
  • 15. クリスマスはどうするの?(AL『Nude Voice』より/1987)
  • 16. スタンダード(AL『1/2 Contrast』より/1988)
  • 17. あの頃に消えた夢(AL『Ow-witch!』より/1988)
  • 18. ブリッジから見た夜明け(AL『Ow-witch!』より/1988)
    DISC 2
  • 01. ブルーウォーター(12th SG/1990)
  • 02. 心のパーキング・ゾーン(13th SG/1990)
  • 03. LOVIN’ YOU(14th SG/1991)
  • 04. POSITIVE(15th SG/1991)
  • 05. 目覚めたヴィーナス(16th SG/1992)
  • 06. 翼にかえて(17th SG/1992)
  • 07. 君が君でいるために(18th SG/1993)
  • 08. 傷痕(19th SG/1994)
  • 09. 恋していれば大丈夫(20th SG/1994)
  • 10. 99 Generation(23rd SG/1996)
  • 11. DOMINO(24th SG/1996)
  • 12. フィンガー(25th SG/1996)
  • 13. Yes, I Will⋯(SG『ブルーウォーター』c/w/1990)
  • 14. BECAUSE(AL『POP THE TOP!』より/1991)
  • 15. あふれる想いのすべてを⋯(AL『HALLOW』より/1995)
  • 16. 輝きたい(AL『a holiday』より/1993)
  • 17. 涙のあとにあなたがいれば(ボーナストラック/2020新曲)

全35曲収録

 

パネル展情報

ベストアルバムの発売を記念したパネル展を下記の店舗で開催。

さらに、展示に使用したパネルを抽選でプレゼント。

  • ・タワーレコード新宿店
  • ・ディスクピア日本橋店

展示期間や抽選に関する詳細はこちら

 

<森川美穂プロフィール>

1985年シングル「教室」でデビュー。87年「おんなになあれ」「プライド」90年NHKアニメ『ふしぎの海のナディア』主題歌「ブルーウォーター」がヒット。2001年蜷川幸雄演出ミュージカル「三文オペラ」に出演。2004年劇団四季「アイーダ」の主役アムネリスを演じる。2007年大阪芸術大学の非常勤講師に就任し、現在は教授として後進の育成にあたる。自身の活動は、2016年から毎年新作CDをリリースし、ライブ活動を精力的に行っている。

■近年のCDリリース

  • 2016年 アルバム『Life is Beautiful』リリース
  • 2017年 アルバム 森川美穂ベストセレクション『Be Free』リリース
  • 2018年 松井五郎プロデュースアルバム『female』リリース
  • 2019年 松井五郎プロデュースアルバム『another Face』リリース
  • 2020年 Debut 35周年を記念したベストアルバム(オリジナルマスター35曲入り)
  •     『森川美穂VERY BEST SONGS 35』7月15日リリース
  •  
  • 森川美穂オフィシャルホームページ
  •  

■オンラインイベント

35周年を記念し、オンライントークライブ「森川美穂35TH ANNIVERSARY SPECIAL TALK LIVE」全10回シリーズを、5月16日よりスタート。

  • <SCHEDULE>
  • <第1回> 5/16(土)「わたしの多感世代」1984~85
  • <第2回> 5/23(土)「めまぐるしく変わる方向性」1985~86
  • <第3回> 5/30(土)「おんなになあれ~私の歌がやってきた 」1987~88
  • <第4回> 6/06(土)「VAP 卒業:終わることは、始まること」1988~89
  • <第5回> 6/13 (土)「EMI移籍第一弾 ブルーウォーター〜すべてが変わっていく」1990
  • <第6回> 6/20(土)「もっと自由になりたい」1992 ~93
  • <第7回> 6/27 (土)「TVとタイアップ、歌と私」1994
  • <第8回> 7/04(土)「ユーロビートは似合わない」1995~96
  • <第9回> 7/11 (土)「激動・世紀を超えて」1997~21世紀へ
  • <第10回> 7/23(土)「涙のあとにあなたがいれば」2015~現在~そして未来へ
  •  
  • ※ 詳細は、オフィシャルホームページを参照

関連作品