NYで活躍するジャズピアニスト RINA、小曽根真プロデュースで本日デビュー!その才能の片鱗を感じられるミュージックビデオのフルバージョンも公開! | RINA | ヤマハミュージックコミュニケーションズ公式サイト

PAGE TOP

NEWS

リリース

2020.09.02

NYで活躍するジャズピアニスト RINA、小曽根真プロデュースで本日デビュー!その才能の片鱗を感じられるミュージックビデオのフルバージョンも公開!

■ジャズピアニストのニューカマー、RINAのデビューアルバム「RINA」本日発売!

国立音楽大学在学中からその才能を高く評価され、バークリー音楽大学を経てニューヨークで活躍するジャズピアニスト RINAの世界デビューアルバム『RINA』が本日発売。

そして、このアルバムの発売に合わせミュージックビデオ「Shadows Of The Mind」のフルバージョンも本日公開。彼女の才能の片鱗を感じられる。

また、アルバム3曲目に収録の「Journey」が日本テレビ系「news every.」お天気コーナーテーマソング(9月~11月)に決定。彼女の音楽に耳を傾けてもらえる機会が今後ますます増えていきそうだ。

RINA / Shadows Of The Mind (Music Video full ver.)

■RINAの「日常」から生まれた初々しくも美しいメロディ!

デビューアルバム『RINA』は世界的なピアニストであり、師である小曽根真がプロデュース。ドラムスにはクリスチャン・マクブライド・トリオ、クレイグ・ハンディ、ポーラ・ウェストのドラマーを務めるジェローム・ジェニングス。ベースには今や最重要ベーシストとなった中村恭士とニューヨーク・ジャズシーンでもトップクラスの2人のミュージシャンがRINAをサポート。

RINAの「日常」から生まれた初々しくも美しいメロディが9曲収録されている。優しく、繊細でいて、時には力強いプレイを披露するRINAの現在の「心の姿」を伝える1枚となっている。

「トラディショナルなジャズを自在に楽しめる実力をベースに、自由奔放な独自の世界観を表現できるピアニスト」と小曽根真はRINAの才能を評価している。

■「無添加のJAZZ,無添加のPIANO」 

もう一人、彼女の才能に早くから出会っている人物、JAZZ専門誌「JAZZ JAPAN」の編集長、三森隆文氏は「デビュー作にもかかわらず余分なものを加えず音楽だけで勝負するという大胆な挑戦を果たした作品。それを後押しし,さらなる高みへと昇らせた小曽根のプロデュースが,無添加のジャズ,無添加のピアノがいまなぜ必要なのかを教えてくれる1枚。」と評価している。

 

そんなRINAの「無添加のJAZZ,無添加のPIANO」が感じられるピアノ・ソロ2曲、トリオ曲7曲の全9曲。

自身のアーティスト名「RINA」を冠したデビューアルバムをぜひ堪能してもらいたい。


商品情報

  • [収録曲]
  • M-1 Tale Of Small Wishes(*)
  • M-2 Shadows Of The Mind
  • M-3 Journey
  • M-4 With You, Always
  • M-5 Foxglove
  • M-6 Eternal Eyes
  • M-7 J.J's Painting
  • M-8 Run And Rise
  • M-9 Hope(*)
  • 全9曲(*)ピアノ・ソロ曲

RINA プロフィール

埼玉県出身、現在アメリカ、ニューヨークを拠点に活動

国立音楽大学ジャズ専修1期生として入学しジャズピアノを小曽根真に師事。2018年バークリー音楽大学を卒業。2018年エリス・マルサリス国際ジャズ・ピアノ・コンペティション2018にて13カ国/160人以上の参加者の中から7人のファイナリストに選ばれ第2位受賞、並びに最優秀作曲賞を受賞した。

米CBSの人気テレビ番組「ザ・レイトショー・ウィズ・スティーブン・コルベア」にてジョン・バティステのバンドの一員に抜擢され3日間連続出演。オバマ大統領夫人のミシェル・オバマをゲストに迎え演奏を披露した。

2020年小曽根真プロデュースとなるファーストアルバム『RINA』で全世界デビュー。

  • 〜略歴〜
  • 2016 母校バークリー音楽大学よりジャズ・パフォーマンス·アワード受賞
  • 2018 エリス・マルサリス国際ジャズ・ピアノ・コンペティション第2位受賞
  • 2018 エリス・マルサリス国際ジャズ・ピアノ・コンペティションより “ザ・ニュー・ジャズ・エージェンシー・チコ・アンド・ルーペ・オファリル·アワード最優秀作曲賞” 受賞
  • 2018 ボストン・ミュージック・アワード2018よりジャズ・アーティスト・オブ・ザ・イヤーにノミネート
  • 2019 セブン・ヴァーチャル・ジャズ・クラブ・コンテスト世界第3位受賞

関連作品